グローバルマスTOPへ

コンテストについて規約審査基準コンテストの様子コンテスト結果

3月21日(金・祝)にベネッセコーポレーション新宿オフィスにて、Global Math2013コンテストを開催いたしました。約100名の中学生から大学生、専門学校生、社会人の方々に参加頂きました。 最優秀賞をはじめとして、10個の賞がクリエイターへ授与されました。受賞者のみなさま、おめでとうございます! クリエイターのみなさまのゲームは準備ができ次第、グローバルマスプラットフォーム上で公開予定です。ご期待ください!

10個の賞の内容は以下となっております。

No部門名賞の名称説明
01企画企画賞企画面で特に発想的に面白い、実装への期待が持てる作品に対して授与
02仕様中高期待賞中高生を対象に、今後の内容のブラッシュアップ、実装面で期待が持てる作品に対して授与
03仕様中高発想賞中高生を対象に、数学的に発想が面白い、今後の実装面での期待も持てる作品に対して授与
04仕様開発期待賞内容が数学的にも優れており、仕様書の段階で、実装段階での面白さが伝わってくる賞に対して授与
05仕様仕様優秀賞数学的な内容面で特に良く考えられ、更に今後の実装面での期待が持てる作品に対して授与
06開発中高開発努力賞中高生を対象に、特に実装面での努力が見られる作品に対して授与
07開発グローバルマス賞グローバルにプレイが可能なゲームとして、今後広く世界に展開が期待できる作品に対して授与
08開発開発優秀賞ゲーム開発面で特に優れている作品に対して授与
09開発審査員賞数学教育の専門家が特に内容的に今後に期待できると期待する賞に対して授与
10開発最優秀賞数学面、ゲーム面両面において、応募作品の中で一番優れている作品に授与

■企画部門

「企画部門」へは2企画エントリーがありました。企画賞は以下の作品です。

企画賞 表に戻る

「Ninja holiday」東京コミュニケーションアート専門学校 澤田直人さん

<主な受賞理由>スケジュールを順に組み立てて考えることで、数学的な力を身につける良いゲームとなる可能性が感じられる点が評価されての選出となりました。


■仕様部門

「仕様部門」は中高生の部と大学生以上の部の2部から構成されています。それぞれ2作品ずつ、全部で4チームのみなさんが受賞されました。

期待賞 表に戻る

「Save The Earth」東京学芸大学附属国際中等教育学校 チーム名:It is IT/トマトチーム

<主な受賞理由>ゲーム全体の流れや各レベルの出題内容が考えられ、今後の実装への期待が持てる点が評価されての選出となりました。

発想賞 表に戻る

「暗号日記」東京学芸大学附属国際中等教育学校 チーム名:Code girls

<主な受賞理由>暗号と日本ならではの古典素材を数学的な力を身につける点に関連付けた着眼点が良い点が評価されての選出となりました。

開発期待賞 表に戻る

「Graphic Searcher」東京コミュニケーションアート専門学校 チーム名:中嶋将吾さん/丸山ひとみさん

<主な受賞理由>グラフィックの美しさ、図形を使用したシンプルで、数学的な思考を身につけるゲームとなる可能性が感じられる点が評価されての選出となりました。

仕様優秀賞 表に戻る

「GUARD THE EXHIBITS!(展覧会を守れ!)」東京学芸大学 チーム名:大島/古川/下村チーム

<主な受賞理由>幾何学的な内容としてゲームアイディアとしてユニークな点、数学的な思考力を身につける為のレベル設計やゲーム機能が良く考えられている点が評価されての選出となりました。


■開発部門

「開発部門」は中高生の部と大学生以上の部の2部から構成されています。全部で5作品5チームのみなさまが受賞されました。

開発努力賞 表に戻る

「キメラアント」東京学芸大学附属国際中等教育学校 チーム名:TEAM OZAKI

<主な受賞理由>高校生ながら、短期間で、ゲーム企画、仕様検討、実装まで進めた努力と今後の開発への期待が持てる点が評価されての選出となりました。

グローバルマス賞 表に戻る

「UNLOCK」チーム名:比下/堂脇チーム

<主な受賞理由>シンプルなデザインで、国を選ばず、思考力を身につけるゲームがシンプルに実装された点が特に評価されての選出となりました

開発優秀賞 表に戻る

「ザ・スゴイ・ニンジャ」東京造形大学 チーム名:Ninja

<主な受賞理由>デザイン、音楽、SEがスッキリとわかりやすく必要十分で好感が持てる点、全レベルの実装がされており、完成度が高い点が評価されての選出となりました。
今後の改善点として、ストレスとご褒美のバランスの再考などが審査員からアドバイスされました。

審査員賞 表に戻る

「Paint Paint」東京造形大学、東京工科大学 チーム名:Team Colorful

<主な受賞理由>数学的な題材を改めてゲームの企画として取り上げた視点、タイトルがシンプルで分かりやすい点などが評価されての選出となりました。
今後の改善点として、使用できる色に制限を付ける点やゲームとしてのリトライモチベーションについてのアドバイスが審査員からされました。

最優秀賞 表に戻る

「BLOCK・ARTIST」東京工科大学 チーム名:チームたんぽぽ

<主な受賞理由>思考→爆弾セット→爆発→結果のループが気持ち良く、シンプルな作りでリトライしたくなる良いゲームの基本的な要素がしっかり入っている点が評価されての選出となりました。
今後の改善点としては、爆弾のデザインや爆発部分の分かりやすさなどへの改善が審査員からアドバイスされました。